2011年04月10日

稲恭宏博士の福島原発発言は「医学的科学的」に信用できない(2/2)


稲恭宏博士の主張を改めてビデオからまとめてみた。

・福島の原発事故の放射線は20km圏内、原発敷地内でも安全である。
・安全なのは、大人だけでなく、子供や乳児、妊婦や胎児に対しても同様である。
・稲恭宏博士の論文で、安全なことは証明されており、それを見て欲しい。
・原子力安全委員会が定める放射線基準は必要ない。
・現在、出荷制限、摂取制限されている野菜や水、魚介類は取っても問題ない。
・原発敷地内であっても、放射線防護をする必要はない。

彼の主張をまとめると以上になる。

稲恭宏博士は自分の主張の正しさについて、
「海外の有名英文雑誌で証明した」と言っているので、
これを検証してみることにした。
もし、証明されていたら、これまでの放射線の常識が覆されることになる。


彼が発表した論文を検索するため、下記のデータベースを参考にした。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/
http://yasuhiro-ina-dmsc.jp/
http://ci.nii.ac.jp/
http://pr.jst.go.jp/jdream2/



稲恭宏博士の論文を読んだ。論文を読んだ感想。

・稲恭宏博士は早稲田大時代から東大大学院時代も、公衆衛生や生物統計学の教育も受けたこともないし、ましてや生身の人間のデータの解析に携わったこともないようだ。どの論文を見ても、実験計画や統計が全然わかってない。(東大の大橋先生(統計のプロ)のコンサルを受ければよかったのに)

・稲恭宏博士は早稲田〜東大大学院に至る10年以上、「マウス」に放射線あて、何百ものマウスを殺してきた。その結果、マウスの解剖の仕方ぐらいは覚えただろうけど、人間のことは1つも分かりはしない。ビデオで言っている「外挿」という彼の大好きな言葉を使えば、マウスの結果をヒトに「外挿」できるとでも思っているのだろうか?さらに、マウスでも妊娠状態やマウスの週齢(人間で言うところの年齢:乳児や幼児に相当)に応じて調べた経験がないのに、人間の妊婦や胎児、幼児について、放射線の影響について「安全である」と断定的に言うことはできない。

・彼が発表したという、海外の有名英文雑誌を調べてみた。海外の有名英文雑誌といえば、The New England Journal of Medicine, The British Medical Journalを想像するのだが、彼が言う海外の有名英文雑誌ってどこのことだ?全部マイナー過ぎて、聞いたことない雑誌ばかり。インパクトファクターを調べても2ぐらいしかない。研究計画も含めて、統計的な処理もひどいから、有名な雑誌には通ることはない。「低放射線は安全で、むしろ健康増進にいい」という彼のアイデアは面白いが、そのアイデアを証明するための研究デザインを立てられないし、統計的な処理を行うスキルもない。

・稲恭宏博士はテレビで「低放射線は健康増進にいい」といっている。もしそうなら、それを証明する何らかの住民疫学調査(コホートスタディ)をやっていると思うが、そのような科学的な知見(エビデンス)はない。


結果的に、稲恭宏博士の論文は

「福島の放射線は原発敷地内でも安全」ということ証明していなければ
「大人だけでなく、子供や乳児、妊婦や胎児も安全だ」ということも証明してない。

(稲恭宏博士は、ヒトについて研究したことがないのだから、
当然、ヒトについて何も証明できないのは当たり前なのだが)

あのビデオで言っていた「おれの論文を見ろよ、安全を証明したんだぜ」
というのは「言いすぎ」(虚勢といってもいいかも)だったということになる。

本人が原発で放水したければ放水しに行けばいいし、
福島の野菜や果物を食べたければ食べればいい。
それは本人の自由だ。

ただし、専門的知識を持たない一般人に対し、
「医学博士」「東大」「論文雑誌」などの単語を散りばめて
事実でない発言をし、あたかも科学的な真実であるかのように語り、
判断を誤らせることはやめて欲しい。

最後に、なぜヒトのことを全く研究したことない稲恭宏博士が、
ヒトについて、あたかも何か分かっているかのようにいうのか?

それは彼が中心となり参画している会社と関係してそうだ。

有限会社 ユウプロモーション ( Yuu Promotion )
アロマリンパテラピーサロン ナチュレ サージュ ( Nature Sage )
世界健康長寿応援団

これらの会社のページを見てみると、納得。

稲恭宏博士は別に科学的真実のために発言していたわけでなく、
その会社のビジネスのために発言していたのだ。

だから、テレビや講演活動を最近よくやっているわけだ。

稲恭宏博士を今まで、科学者として、研究者として見ていたので、
まじめに論文を調べて、きつめの言葉で非難していたけれど、
これまで少し書きすぎてしまったかもしれません。

稲恭宏博士は、優秀なビジネスマンだったわけですね。
この原発危機を好機ととらえ、
どうぞビジネスチャンスをつかんでください。

あなたのような怪しい臭いのする人、私は大好きです (笑)
くれぐれも怪しい臭いを消さないようお願いします。
posted by わんこ at 22:37| Comment(66) | TrackBack(0) | 福島原発
この記事へのコメント
インパクトファクターについてですが、radiation分野で、3をこえるようなジャーナルがありますか?ないはずです。2あれば、充分でしょう。
Posted by 通りすがり at 2011年04月18日 23:45
稲恭宏博士は放射線の人体に対する影響について「現在の福島の放射線は安全である」と述べています。人体に対する放射線の影響に言及しているわけですから、臨床医学系の雑誌または公衆衛生系・疫学系の雑誌に投稿することが適当と思われます。インパクトファクター数で研究の妥当性を判断することはできませんが、稲恭宏博士が「おれの論文を見てみろ!福島の放射線は安全である」というほど、論文の投稿分野も、投稿先も研究の内容も主張と噛み合ってません。稲恭宏博士はマウス一筋で、ヒトを調べた経験がないのですから、ヒトに対する放射線の安全性について、なぜ自信を持って発言されているのか、私には理解できません。
Posted by わんこ at 2011年04月20日 07:20
今専門家や政府放射能に関して言っていることは混乱を起こさないための嘘か、それか事実なのか、本当に不安です。。。
Posted by 通りすがり2 at 2011年04月20日 18:13
 貴殿は、長期間に亘って、稲 恭宏博士に対して、事実無根の誹謗中傷、貴殿自身の実験医学的及び臨床医学的研究成果が認められた英文学術論文も存在しないまま、インターネットで入手できる限られた範囲での俗説レベルでの流布、稲博士の信用を著しく貶める行為を繰り返しており、これらは違法行為に該当し、関連諸法に著しく抵触します。

 直ちに稲博士に関するこれら当該記事を全て削除し、誠意ある謝罪文を掲載してください。

 直ちに本件に関する上記の対応が取られない場合、貴殿及び貴殿の本件については当方の顧問弁護士もすでに把握しているため、刑事事件として警察に告訴することを通達します。


平成23年4月26日

稲 恭宏博士 管理・運営委員会
http://yasuhiro-ina-dmsc.jp
Posted by 稲 恭宏博士 管理・運営委員会 at 2011年04月26日 19:45
たまたまこの記事にたどり着いたものですが、上記の「稲 恭宏博士 管理・運営委員会」なる者による書き込みは、内容の当否以前に文章が酷すぎますね。
組織の程度が知れます。

>これらは違法行為に該当し、関連諸法に著しく抵触
>告訴
”顧問弁護士”とやらに「事実の摘示」と「意見ないし論評」との相違について伺ってみることをお勧めします。
Posted by KO at 2011年04月26日 20:38

自分のその分野の英文論文がない人には、批判する資格も権利も本来ないよね。

言う方は勝手なことばかり言うけど、
言われる方は本当につらいよね。

批判ばかりしている人は、被災者の人のために、今、何をしてあげているんだろうね。

Posted by 悲しい人生だね at 2011年04月26日 22:37
ご指摘のようにマウス以外にデータを持っていないので、今度は人間のデータが欲しいのではありませんか? 賛同される方々は何処で何時間働き又は滞在し、何を食べて、どんな作業をしてと記録しておくことが必要でしょうね。
また一つ論文が書けます。
Posted by goma at 2011年04月26日 22:48
「稲 恭宏博士 管理・運営委員会」様への返信・回答については、

記事名「稲恭宏博士 管理運営委員会から謝罪要求!!」

をご覧ください!
Posted by わんこ at 2011年04月27日 01:03
通りすがりで読ませていただき同感しました。

「稲恭宏博士 管理運営委員会から謝罪要求!!」

これご本家さんからでしょうかね?
違うと思います、そんな器の狭い方ではないと思います、それに、謝罪要求など、ここのブログさんと同意見の方々は少なくはないです。
Posted by 驚き at 2011年05月01日 20:21
「稲 恭宏博士」が「委員会」に「管理・運営」されてたと知り吹いた。

彼(および推進側)の説の決定的欠陥は、内部被曝の無視。「年20mSv」などと計測推計される線量は、線量計の前面の(例えば校庭に漂う)放射性物質からのガンマ線だが、その物質を吸入しての、また当地の水、作物等を摂取しての、内部からの遥かに強力なα線、β線による被曝は無視されている。

ガンマ線は、X線により身体が透視出来るように、多くは透過してしまい、吸収され組織に影響することは意外に少ない。むしろ放射性物質が環境にそれだけ堆積し漂っているとして、内部被曝を警戒する指標とすべきである。

屋内退避の勧告当初の(当時当局は原子炉損壊、レベル7を知っていた訳だが)、マスク、帽子、上着は玄関で脱ぎ、手洗い入浴、などの指示が今は聞かれないのはなぜか。校庭で遊んだら、などと疑問を呈されないように。

稲は、出来る限り汚染された地域に一族、支持者と引越し、自給村を作り(ここ重要)、健康を享受してみせよ。そこで妊娠(させ)、子育て、孫育てしてみせよ(過失致死傷の責任は取ること)。ちなみに医師でない者が有料で健康アドバイスをするのは医師法に抵触する可能性がある。
Posted by 医学博士(甲種) at 2011年05月02日 04:03
医師のようにふるまっていますが、どこの医学部を出たのでしょう。自分のことを自慢したがる方ですが、医学博士取得以前のことはなぜ書かないのかね。英文のタイトルの書き方も知らない人のようです。同大で指導された先生や関連者はどう思っているのか?多分沈黙を守っているのでしょう。
Posted by 疑問生 at 2011年05月09日 18:13
放射線については勉強していませんので真実は判りかねますが、仮に稲博士が(故意も含めて)間違っているとしたら、社会から抹殺しないといけません。それをしない政府及びその道の専門家は何をしているのでしょうか?
またその場合稲教授は誰からいくら貰ってこんな事発言しているのでしょうか。
1億や2億貰って出来る事では無いように思いますが。
Posted by 低学歴 at 2011年05月22日 10:47
難事に遭遇すると,いつもこの手の「偽(にせ)学者」が出てくるよね。早く退場することが,社会のためなんだけど。本人はカネもうけの好機到来とでも思ってるのかしら。迷惑だよね。
Posted by にせ学者 at 2011年08月15日 11:23
素人が稲博士のことをけなすのは簡単だけど、
不勉強な医者、医者の政治家は別として、
稲博士の理論と講演、テレビ番組に対する、
放射線医学者からの反論は皆無で、
医学的にきちんと反対論文を書けた人は誰もいない。
これがすべてです。

稲博士が、これだけ誹謗中傷されながらも、福島原発事故直後からテレビや講演、YouTubeなどで頑張ってくれたから、今の日本は、これくらいで済んでいると思います。

私は、稲博士に心から感謝しています。
私の周りの人間たちもみんなそうです。

これから、日本が復興できますように!

そして、政府に強制避難させられている福島の人たちが、一日も早く自宅に帰れますように!

Posted by 桃子 at 2011年11月08日 13:44
「放射能ワクチン」という素晴らしい言葉を書いてらっしゃる方がいらっしゃいましたが、稲博士は、自然放射線・放射能の数倍から数十倍くらいの福島や世界の健康長寿な高自然放射線地域などの低線量率の放射線・低レベルの放射能のことを 『 Nature Vaccine (自然ワクチン) 』 と呼んでらっしゃいます。変異型や強毒性などの細菌やウイルス、がん、自己免疫病などに対抗する人体の免疫系や生理系、代謝系などの諸機能を活性化したり調整したりして、脳・中枢神経系や筋・骨格系なども機能が上がって、健康寿命が著しく延長されるとおっしゃっています。まさにコペルニクス的な逆転の医学だと思います。

稲博士は、最近、東京MXテレビの「西部 邁ゼミナール 低放射線をめぐる嘘の数々」にも講師役として出演されています。

この映像と稲博士のプロフィールは、

http://www.mxtv.co.jp/nishibe/archive.php?show_date=20111015

で見ることができます。

また、私は、研究業績さえ素晴らしければ特に気になりませんが、稲恭宏博士の学歴、経歴のことにも触れられていた方がいらっしゃいましたので、私も少し書かせていただきます。稲博士が早稲田大学と関わられたのは、東京大学医学部の大学院の時と文部教官として出向されていた時です。そもそも、早稲田大学には、人文学部という学部自体が存在しません。

それと、稲恭宏博士が東京大学医科学研究所の客員研究員の身分になられていたのは、稲博士が早稲田大学などへ文部教官として出向されていた頃です。その前後は、東京大学医学部、東京大学医科学研究所で研究を続けられていますが、東京大学の場合、他の大学や研究所などへ研究指導などに行かれることも多いようです。

東大医学部からは、他の医学部とはだいぶ様子が違うようで、約一割の方(東大理系全体の平均では約半数の方が大学院へ進学)が、稲博士のように東大医学部を卒業された後に医学研究をするための大学院のコースへ進学されて、医学研究一筋の道へ進まれているようです。東大医学部の場合、厚生労働省や環境省、法務省、文部科学省などにも少数ですが進まれる方がいらっしゃるようです。

それにしても、ICRP(国際放射線防護委員会)の前近代的な基準値は、早く改正していただきたいものです。

原発事故で政府に強制的に避難させられている福島の人たちが、早く故郷に帰ることができて、元気に健康で暮らして行けるといいですね。
Posted by OBASNE at 2011年11月13日 20:09
稲恭宏博士がTOKYO MXの西部邁ゼミナールに、2011年10月15日に出演されたんですね。

「稲恭宏」をキーワードとするアクセス数が急に多くなったので、何かあったのか?と思っていたところでした。

さて、11月8日と12日の書き込みに対してコメントしたいと思います。

>稲博士の理論と講演、テレビ番組に対する、放射線医学者からの反論は皆無
3月〜11月まで、稲博士の活動を見てきましたが、残念ながら、誰も彼を相手にしてないというのが適切かと思います。

>健康寿命が著しく延長される
稲博士がそう主張しているだけで、彼の論文をみても、他の研究をみても、臨床的な裏付けは何一つありません。何度も触れてますが、彼の論文は「マウスだけ」を対象にしていますので、彼が我々ヒトのことをいうのは「言いすぎ」だと思います。

>稲恭宏博士の学歴
ご自身で大学に問い合わせれば分かると思いますが、稲博士の出身学部は、東京大学医学部ではありません。「東京大学」をありがたがる方がおられるようなので、指摘したいと思います。

>東京MXテレビ
内容を確認しました。稲博士は、3月の頃に比べ、かなりトーンダウンしてますね。3月は「放射線は健康にいい!」といっていましたが、10月のテレビでは「放射線に起因する各種疾患は起こらないと思います」という表現に変わりました。細かいところを指摘すると、稲博士のおかしな主張・事実誤認など多々ありますが、影響が少なそうなので、ここでは触れないでおきたいと思います。
Posted by わんこ at 2011年11月14日 03:00
疾病が起こらないわけないのにね。まったくチェルノブイリで
何が起こったのかの論文読んでこい。って話だよね。
Posted by あき at 2011年12月09日 10:36
あきさんへ

チェルノブイリとフクシマは全く放射線医学的状況が違います。

勉強してから書き込みをしないと恥をかきますよ。

それと、今回の事故後の福島の状況で、放射線障害による疾患が発症する可能性は全くありません。あなたが疾患が出ると言っているのは、完全に間違えた知識による間違えた発言以外の何物でもないのです。

あなたこそ、稲恭宏博士の講演も番組も何も見ても聞いてもいないで、子供じみた感情の悪口だけを言っていますが、フクシマのまともな報告書や放射線医学の論文をきちんと読んで来いって話ですよ。
Posted by あきさんへ at 2011年12月09日 21:43
http://kokuzou.blog135.fc2.com/blog-entry-748.html
擁護してるやつは被曝被害者が今回の事故と関係ない事を証明して欲しいσ(^_^;)
Posted by at 2012年02月08日 14:00

「あきさんへ」さんへ

「チェルノブイリとフクシマは全く放射線医学的状況が違います。」とおっしゃっていますが、何がどう違うのでしょう?私も一応勉強しておりますが、あなたのおっしゃる意味がわかりません。私の知識の限りでは、むしろあきさんの方が正しいことを言っていると思いますよ。他人に「勉強してから…」とおっしゃるなら、今福島で何が起きているか、ご自分の目で確かめてください。机上の学説より、まず事実を確認しましょう。医療相談の場にあなたも同行されたらよろしい。そこで突発的な鼻血を出したり、目の下にくまのできた体調不良の子どもたちに「気のせいですよ。放射線は体にいいんです。」って言ってあげてください。きっと母親たちにぶっ飛ばされることでしょう。
あと、参考までに、あなたのいう「チェルノブイリとは違う医学的状況」をお聞かせください。私も「机上の空論」を学ばせていただきたいと思います。





Posted by kazumi at 2012年02月13日 23:06
「あきさんへ」さんへ

「チェルノブイリとフクシマは全く放射線医学的状況が違います。」っていう意味が分かりません。私の知識では、あきさんのおっしゃっていることの方が正しいと思われます。人に「勉強してから…」とおっしゃるのなら、机上の学説より、まず現実をその目でご覧になった方が良いと思いますよ。、実際に福島の医療相談の場に同行されるのがよいでしょう。そこで、突発的な鼻血を出したり、目の下にくまができた体調不良の子どもたちに「全部、気のせいですよ。放射線は体にいいんです。」って言ってあげてください。きっと母親たちにぶっ飛ばされると思います。

あと、参考までに「チェルノブイリとは違う医学的状況」を教えてください。私も「机上の空論」を学ばせていただきたいと思います。
Posted by kazumi at 2012年02月13日 23:55
稲博士殿へ

地球上の生物は宇宙からの放射線や地球に存在する自然放射線にさらされ、適応し何億年も進化して命を繋いできたと言う事は多分、事実であろう。同時に日本人もこの日本の環境における自然放射線の中で何億年も世代交代を繰り返し、適応してきたに違いない。
私は地球創世紀初期における強烈な放射線は生命誕生を阻害する主因の一つではなかったかと思っている。
貴殿は自然放射線のレベルが世界の地域によっては何千倍もの差がある、福島はその自然放射線レベルの範囲内であって全く心配する事はないと発言されている。
この是非は生命に関る由々しき発言である。
放射線の人体への影響は何千、何万人と言う被爆者を何世代にも亘ってあらゆる方面からの組織の中で客観的に検証、評価するものでそれでも一致した見解、結論を見出せていない。
貴殿一個人における局部的な研究(ラットの研究?)の範囲をはるかに超えるものである。もし、貴殿が福島は安全で問題ないと言われるのであれば20km圏内の人々に帰還を呼びかける前に少なくとも貴殿とその家族は福島第一原子力発電所の敷地内に住み続け、近海の魚介類や農作物を食す実績を示すべきであろう。
もちろん、原発敷地内に住むのが無理であれば50mSv/Yの地域に貴殿の信奉者3000人ぐらいを集めて一緒に住み、貴殿の学説の正しい事を実験によって証明すべきである。
私はバカだから全身全霊、身をもって証明する科学者以外は信用しない。




Posted by samhga1000 at 2012年02月15日 15:00
kazumiさんとやらへ

「放射線は体にいいんです。」なんて、
稲博士も誰も言ってませんよ。

放射線の生体影響は『線量率(放射線の照射時の強さ)』で決まる、
ということです。
内部被曝も外部被曝もそうです。

福島の被災者にぶっ飛ばされるのは、貴方の方です。

もう少し、きちんと放射線の勉強をした方がいいですよ。

Posted by 福島県人 at 2012年03月02日 02:58
1.NPO法人ICRPのLNT仮説の依拠するものは、DNA修復能力のないショウジョウバエ実験結果だという。マウス(哺乳類)どころのレベルではない。
1.2001年フランスアカデミーによる、毎時10ミリシーベルト以下では癌の発生は起こらない。キューリー夫人のお墨付き。
1.米国アカデミー2006年論文では、自然放射線の300万倍までDNA修復は可能。300mSv/h、2,600Sv/yという信じられないような世界が展開しています。
1.日々修復を繰り返す、DNAの驚異的な修復能力のもとでは、年間積算線量は無意味のようです。
Posted by まあくん at 2012年03月27日 23:37

1.フランス医科学アカデミーでは、EUの細胞学者総出で人体細胞のDNA修復限界を追求。放射線核医学界のノーベル賞・マリー・キューリー賞を2007年に受賞。
1.米国科学アカデミー、フィラデルフィア・ガン・センター報告の、60mSv/hから600mSv/hの線量率範囲が遺伝子異常発生最低の領域だという。その示唆する所を想像できるだろうか。
1.数百万倍も低い暫定基準値(1mSv/y)では、意図するところとは逆に、癌発生が増加する事を意味しないだろうか。
1.以下のURLで、事実関係の確認をスタート台にして、お互い絆を深めようではありませんか。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=vspfmJo85cY
Posted by まあくん at 2012年03月30日 00:00
2012年3月から、国連科学委員会(UNSCEAR)が稲恭宏博士の論文と講演を完全に支持する内容の公式調査結果を一般公開しています。
次の映像を一度見てみてください。
わんこさんたちがフィクションと称してまで卑怯な手段で誹謗中傷を続けてきた稲博士が完全に科学的に勝利していたことが改めて分かります。

http://www.youtube.com/watch?v=HczJtRkfX1I
Posted by UKUSFR at 2012年04月25日 07:56
上の映像のオリジナル英語版です。

http://www.youtube.com/watch?v=emeWOGLCi9w&list=FL_XeR0wT-f8lng4e7CRqb1w&feature=plcp

Fukushima and Chernobyl: Myth versus Reality

Leading experts from the UN Scientific Committee on the Effects of Atomic Radiation (UNSCEAR), the International Commission on Radiological Protection (ICRP) and the Chernobyl Tissue Bank discuss the effects of radiation from a nuclear accident.
Posted by 通りすがり at 2012年04月25日 22:53
>UKUSFR氏へ

提示されたビデオ、国連科学委員会(UNSCEAR)の資料を見ましたが、稲恭宏博士のいかなる研究を支持していませんし、そもそも稲恭宏博士自体の名前もでてきません。

興味深いことに、あなたのいう「稲恭宏博士を完全に支持している」国連科学委員会(UNSCEAR)が作成した資料(http://www.unscear.org/docs/reports/2008/11-80076_Report_2008_Annex_D.pdf)を見ると、チェルノブイリの事故があった1986年以降、2006年まで、小児の甲状腺がんの罹患者・死亡者が増加しているだけでなく、大人の全がんの罹患者が増加していることが示されています。

チェルノブイリの事故から26年目になりますが、放射線による長期的な影響のデータがでてくるのは、これからになると思われます。
Posted by わんこ at 2012年04月26日 08:26
UNSCEARも、どちらかというと安全よりなんで、個人的には嫌いなんですけどね。放射線あびて細胞壊して起こってくる現象ってほとんど老化現象と同じなんで、一般の医者には見分けなんて付かないし、対処法なんて抗酸化物質を沢山とるとかビタミンCをとるくらいしかできないでしょ。

 癌や白血病なら統計データに乗りやすいから、わかるだけで紅班、鼻血、関節痛、気管支炎その他もろもろの症状がでてもただの老化や怠け病として処理されるだけでしょう。
ぜひ、なにも起こらないと言ってる人は福島の川の水と土でラットを飼って実験してみてほしいですね。
Posted by あき at 2012年05月10日 17:09
MITが稲恭宏氏の論文を参照した論文を発表し、natureに取り上げられた様です。
低線量長時間被曝は高線量短時間被曝に較べて生体(マウス)への影響が少ないという論文です。
natureの査読がMITの研究スポンサー米国エネルギー省に歪められたのでしょうか。MITの論文には山下俊一氏の共同研究者らの論文も引用されています。
Posted by 市民 at 2012年05月26日 14:53
自分は専門家ではないので、稲博士の説が正しいのかそうでないのかはわからない。しかし、稲博士のマウス研究を人間に適用するのがおかしいというのであれば、DNA修復機能のないショウジョウバエの実験結果から求められた国際放射線防護委員会(ICRP)の基準のほうがよほどあてにならないと思う。まずそちらの基準値を見直してほしいものだ。
それから自分は1960年生まれだけど、あの頃は各国の核実験(2000回以上。中国は46回)によって放射能が毎日雨のようにばらばら降ってきていた。量的には今回より少なかったようだけど、それでも低線量の放射線を20年以上ずっと浴びていたことになる。当然食物にも含まれていただろう。なお、黄砂には今だにその頃の放射線が含まれているらしい。でもそれによって甲状腺がんや白血病とか増えたということもないし、日本人の平均寿命は伸びる一方。因みに、核実験時代に生まれた自分も友人も皆元気にしている。
Posted by ちょっと立ち寄り at 2012年06月26日 15:33
あき さんのいう
>紅班、鼻血、関節痛、気管支炎その他もろもろの症状がでてもただの老化や怠け病として処理されるだけでしょう。

老化とは結局そういうものではないのかな。人間というものは、歳をとって抵抗力や免疫力が弱まれば、放射線に限らずどんなものにもでも身体にダメージを受けやすくなる。そうなると、放射線より前に、インフルエンザで死ぬかもしれない。強毒性のインフルエンザなら感染後1日で死ぬこともあるからね。
Posted by ちょっと再立ち寄り at 2012年06月27日 13:49
ところで、被曝しますとまず第1段階として髪の毛抜けますよね。福島そんなに危ないんだったら、禿げだらけの筈ですが?
証明証明言ってますが、全癌発生率低放射線1.02、タバコや粉塵による発生率1.06となっていて、これだと低放射線隠れてしまって証明など出来ないというのが現代の医学でしょう?

閾値はあるでしょう。アメリカのアカデミー発表とは裏腹になぜビルゲイツ先導で、原発増やしていくのでしょう?
中国も200基、イラン・トルコも作りますね。怖いですね。
なぜでしょう?日本人の人達をだまくらかして、エネルギーを外から買わせるというインテリジェンスの領域です。
昔大東亜戦争は石油備蓄六ヶ月というエネルギー危機から開戦となりました。似てきてますね今。

領域と言えば安全な「閾値」はあるのです。
ファイネンデーゲン・チュビアーナ論文、マイロンポリコープ論文読んでみてね。この人達の中にはマリーキュリー賞をもらっている人がいます。自然放射能の百万倍DNAにあてても細胞は死なず、自己治癒するという論文。
自分で調べてね。 
日本で知りたかったら長崎大学が出している「リスク認知とリスクコミュニケーション」出てますから、今放射線医学がどんなことを問題にしているか分かると思います。

どちらにしても二人に一人癌にかかっている日本です。
六千oシーベルトの高放射線治療にしますか?治療最前線のホルミシスによる低放射線治療にしますか。
療法とも怖い? じゃやめて早く死んで下さい。って冗談ですよ。


Posted by よってたかって at 2012年10月29日 05:54
稲氏の博士論文を見ています。統計学的な処理の手法を知らない事がはっきりわかります。高校3年生の数学が理解できていない、と思います。
なお博士論文は国会図書館関西館に保管されています。まず博士論文を一覧される事をおすすめします。(誰でも閲覧できます。)猶稲氏は博士を得るまでに六年を要しています。(医学研究科は4年が普通です。)医師資格のある方も無批判でこの論を推奨する方がいるのは困った事です。
自然科学の結果はイデオロギーを抜きにして考えてほしいものです。
Posted by 通りすがり at 2012年12月29日 19:03
ぐちゃぐちゃ言わないで法律を守れということ。スピード違反で捕まった奴がなんだかんだ屁理屈をこねているようなもんだ。
法律が間違っているなら法改正すればよい。ルールを守れないのは最低。
Posted by at 2013年01月06日 17:14
「わんこ」というここのフィクションを書いた管理人もそうですが、「通りすがり」という人も、「わんこ」本人か、「わんこ」と同レベルの、明らかに免疫学などの研究で用いる実験法や統計を何も知らない人ですね。

「わんこ」という人も、流石に自分でも白状していますが、所詮、臨床の症例報告や臨床治験報告の論文レベル(=統計で何とか傾向を見いだせるような薬効、症状変化を示すデータなどの報告)しか知らない、基礎医学研究の何の基礎知識もない健康食品屋さんか何かなのは、見る人が見ればすぐにわかります。

こちらの稲恭宏博士とラッキー博士関連の記事とコメントを全部読みましたが、少しでも基礎医学研究の知識があれば、こんな一連の酷い言葉は恥ずかしくて言えないものばかりです。

「わんこ」という管理人も、「通りすがり」という荒らし屋さんも、大学の医学部はもちろん、理系の大学院の修士課程にも通った経験のない人だと思います。さもなければ、よほど酷い教育、研究しか経験していない、知能とモラルの程度が低い人間であることは誰でも気づくでしょう。

世界中の低線量率放射線医科学の最新科学知見については、まったく自分に自信がないために【フィクション】ということにしているのでしょう。

おそらく「稲博士の論文を見ている」なんていうのも、実際には、ネットで検索して、図書館の蔵書リストを見ただけでしょう。あまりにも稚拙な嘘ですからね。

免疫学、病理学、低線量率放射線医科学における稲博士の論文の価値、意味がまったく理解できずに、どうしても、稲博士の誹謗中傷をしたくて仕方がない人なのでしょう。情けない人たちです。高校で行われている放射線・放射能の基礎知識から勉強することをお勧めします。その後、「チェルノブイリと福島はどう違うのか」と勉強を進めてみるといいと思います。

Posted by 稲恭宏=免疫学研究者 at 2013年01月20日 19:25
わんこさん、じゃあこれはどう説明するよ?

放射線と発がん、日本が知るべき国連の結論

Forbes(フォーブス)英語版の日本語訳(日本経済新聞 電子版)

http://www.nikkei.com/news/print-article/?R_FLG=0&bf=0&ng=DGXZZO50651160W3A110C1000000&uah=DF150220104322

Posted by 稲恭宏=ちょっと立ち寄り at 2013年01月21日 20:25
↑どう説明するよって、それはUNSCEARの予想でしょう。
10年20年たって何もなかったよ、めでたしめでたしって話ではないでしょう。
危ないという意見も問題ないという意見もある。
UNSCEARは問題ないという意見であるというだけのことでしょう。
Posted by at 2013年01月24日 19:28
これか、あまりの誹謗中傷インチキ記事のため、IPアドレスと個人情報が公開されてたわんこっていう人のフィクションブログは。

このわんこっていう人、いまだに東京高裁の事件判例も知らないのかなw 笑
確かにこりゃ捕まるのも時間の問題だねww

〜〜「石に泳ぐ魚」事件判決で述べられているように、フィクションとされる記載内容が名誉を毀損された当人の属性が示されており、当該記事を見た知人あるいは当人の属性のいくつかを知る人物が当人であると固定することが可能であれば、当人に対する名誉毀損罪が成立する。〜〜


Posted by 稲恭宏 at 2013年02月08日 00:18
私は、大学医学部卒業、大学院医学系研究科修了後(学位は博士(医学)です)に大学で放射線医学の研究(放射線免疫学)に従事している者です。

上の名前もない人(間違いなく放射線医学の素人でしょう)が、非科学的に子供の悪口レベルのことを書いていますが、国連原子放射線影響科学委員会(UNSCEAR)は全委員氏名公開の放射線医学専門家の博士ら(各国の大学や国立研究所などの科学者)によりなる学術組織で、チェルノブイリの四半世紀以上に及ぶ多数の国際学術調査結果を元に、福島では今後も、2011年の福島原発事故の放射線、放射性物質による健康被害は何も生じることはない、と公式に学術報告書を提出し、国連総会において正式に承認され議決されているのです。

放射線医学の真面な知識が少しでもある人なら、誰もこの意見に反対している人はいません。

むしろ、「事故当時の日本政府は、さまざまな間違いを狂気のまま起こしたが、一つだけ良い事をした。それは福島県民を強制移住させたことだ」などという記述は、完全な勉強不足による日本虐め、日本復興妨害の国連らしい間違い(わざとかもしれませんが)です。

福島の事実を知る放射線医学者からは失笑が起きています。事故以来ずっと毎時マイクロシーベルトレベルの放射線の線量率しかない環境の福島が、何年待っても、何十年待っても、また何世代待っても、内部被曝も外部被曝も、何の健康問題・健康影響も起きようがないことを熟知しているからです。

放射線医学的には、事故後の福島は、まったく、家財産を奪い、100人を超える緊急強制避難による死亡者、前途を非科学的に悲観させられた700人以上の自殺者を出してまで、福島県民を長期間強制移住させなければならない危険性はまったく存在しなかったのです。

数千万頭の口のきけない動物たちまで、有無を言わせず、すぐに惨殺する必要はなかったのです。

国賊・菅直人(祖父が韓国・済州島出身の韓国人)、同・枝野幸男(日本解体が目的の革マル派出身の極左活動家)らによる日本憲政史上最悪の日本人と日本人の財産である牛、豚、鶏、犬、猫などの動物たちの大量殺戮が、日本政府の名のもとに行われたのです。

Posted by 稲恭宏=放射線医学研究者(大学教官) at 2013年02月11日 01:36
こちらのブログの記述があまりに嘘ばかりの酷いものなので、少しコメントをさせていただきます。「わんこ」という「作者」は、このブログはフィクションです、などと言っていますが、東京高裁の有罪判決でも明らかなように、こんな子供だましの言い訳は通用しません。

福島は、広島、長崎の原爆とも違うし、チェルノブイリとも違います。

まず、基礎的なことから学んでください。

≪文部科学省 高等学校生徒用 知っておきたい放射線のこと≫

http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/attach/1314239.htm

は結構わかりやすいと思います。

その後、やはり、低線量率放射線医科学と低線量率放射線療法の世界初の発見確立者である稲恭宏博士の動画などで勉強することをお勧めします。

わんこという人は、もう少し勉強してから、こういった放射線についてのブログは書いた方がいいと思います。これでは小学生の便所の悪口落書きレベルです。

ほとんどの内容が、本人(わんこという人)の脳内妄想で作り上げられたに過ぎない、ウソ、デマ、捏造の、タイトル通りの「最低の誹謗中傷妄想フィクション」です。

「フィクション」と書いてあっても、すべて実名でこれだけ実際の具体的な出来事について誹謗中傷し、長期間このまま放置しているのですから、東京高等裁判所の事件判例にもある通り、もはや刑事及び民事の法的責任から逃れることはできません。

福島原発事故の直後は、国民もほとんど放射線、放射能の知識がなかったので騙せたかもしれませんが、今となっては、ただの恥さらし犯罪ブログでしょう。

昨日もネット犯罪人の30歳、職業不詳の男が逮捕され、当然ですが、顔と実名が明かされて報道されました。

この「わんこ」妄想ブログは、あまりの名誉毀損情報ですから、この「わんこ」という人間が警察に捕まるのも時間の問題でしょう。この「わんこ」という人、個人情報が突き止められて公開されてますからね。知らぬは本人のみなのかなあ。可哀想に。。。

それと、稲恭宏博士は、学歴も東京大学医学部を卒業後に東京大学大学院医学系研究科に進学されて、当然ながら、免疫学、人体病理学、病因学をはじめ、疫学、生物統計学、公衆衛生学なども基礎知識を十分に備えている先生です。あまりにも程度の低い嘘の悪口を書いていると、かえってブログ全体がよけい胡散臭くなりますよ。

また、医学者である稲博士は、自分自身できちんとマウスなどの実験動物を用いた実験医学研究をされて(新しい治療法の研究はいきなり人体では行えないことくらいは、わんこという人も理解できると思いますが)、その後、臨床各科の臨床医(いわゆる普通の医者)とも連携して、治療、検査データ確認などをされているのも有名な事実です。それにもかかわらず、事実に反する虚偽情報による誹謗中傷文言を多数書いているのですから、この「わんこ」という人は明らかに名誉毀損罪の犯人です。

そもそも医学分野でも、臨床分野の論文は、外科の術式の報告論文などは別として、新薬の投薬結果や臨床治験結果など、ぐちゃぐちゃと統計をやりまくってやっと何らかの結果や傾向が見えてくるようなものです。

医学研究において(医学生物系分野全般において)、最低限の統計処理でクリアカットに結果を示して論文に通っているほど、その研究者は優秀だと見なされます。

稲博士の論文もすべて拝読させていただきましたが、免疫学者として、また低線量率放射線医学者として本当に素晴らしい論文です。低線量率放射線医科学研究においては、オックスフォード大学、ハーヴァード大学、ルイ・パスツール大学などの研究グループも稲博士の論文は必ず引用していますし、国連科学委員会公式学術報告書にも放射線医学分野では世界で最も歴史と権威のある英文科学ジャーナルに掲載されている稲博士の論文が引用されています。

「わんこ」という人も、少し、勉強してみてください。きちんと勉強をすればするほど、稲恭宏博士が、このブログのような卑劣極まりない卑怯なものも含め、低線量率放射線医科学のことなど、何も勉強できない、理解できない、頭のおかしいツイッターキチガイの東海アマという偽名の犯罪人たちによって、福島原発事故直後から、嘘の学歴(存在しない早稲田大学二部人文学部や、第二文学部、人間科学部を卒業したなどというデマ)、学位授与(東電から東大への5億円の研究費援助と引き換えに博士号を貰った、などのデマ)、経歴(一般財団法人の電力中央研究所から東大に派遣された、などのデマ)、お金(商売をやっている、などのデマ)、人格にもかかわるような卑劣なデマ(子供のころから大嘘つきで精神病院に入退院を繰り返し、精神病の薬を投薬されていた)などの、何の証拠も根拠もない事実無根の誹謗中傷をされながら、どんな想いで、福島、東北、日本の復興と復活のために、風評被害からの救済のために、福島県民自殺防止のために、低線量率放射線医科学の事実を訴えてこられているか、人間の心が、「わんこ」という人にも少しでも残っていれば、理解できると思います。

「わんこ」という人は、もしここまで言っても理解できないなら、理解できるまで、何度でも何年でも、刑務所に服役してください。

Posted by 稲恭宏=放射線医学研究者(大学教官) at 2013年02月11日 01:59
何度でも何年でも、刑務所に服役してくださいか。菅直人・枝野幸男をネットで国賊呼ばわりしている放射線医学研究者(大学教官)と称する方も十分「わんこ」以上に名誉毀損ものだけどね。「わんこ」が名誉毀損だとすればのお話ですが。
「わんこ」が捕まったら捕まったで稲先生の隠し事も表に出てきそうでそれはそれで面白そうだね。
自称放射線医学研究者(大学教官)さん、学歴を秘匿されている稲先生を東京大学医学部を卒業後と明言されたところを見ると稲先生ご本人ですか。本人が隠してるんだからそういうことを書けるというのはご本人だからでしょうか。
臨床各科の臨床医(いわゆる普通の医者)とも連携して、治療、検査データ確認などをされているのも有名な事実ですということの客観的なソースを教えてください。有名な事実というからには根拠がおありなのでしょうね。どの専門誌にその記事が載っていたのでしょうか。何という医師が稲先生と連携したのですか。そのことについての論文を稲先生が全く出していないのはなぜでしょうか。あと稲先生が東大医学部を卒業されたのは何年でしょうか。出身大学・学部のみならず卒業年さえ公表していませんから、おおいに興味がありますね。稲先生のことをよくご存知のようなので是非教えていただきたいものです。鏡に映る自分に対してかもしれませんが、貴公の方から稲先生に是非アドバイスして差し上げたらいかがですか。出身大学・学部・卒業年を公表された方が先生の素晴らしい業績に対する信頼性が高くなり、世の為人の為なので是非公表するようにしてくださいとね。そうしないと公表するのに不都合があるのでは・・・という疑念をもたれてもいたしかたないですので。それでは素晴らしい業績が宝の持ち腐れなので先生ご自身で是非経歴に対する疑惑を解消するようお願いしたいものです。
Posted by 「わんこ」逮捕も面白そうだね。 at 2013年02月13日 21:42
そういう君から、まず、卒業大学、学部、卒業年度を公表したら? 卒業してればの話だけどw 笑

これ書いてるのも、おそらく「わんこ」本人でしょうww 最初から、自作自演のフィクション詐欺ブログだからね。

「菅直人・枝野幸男をネットで国賊呼ばわりしている方も十分「わんこ」以上に名誉毀損ものだけどね」なんて書いてる辺りで墓穴。

菅直人・枝野幸男をネットで国賊呼ばわりしているなんていう書き込みは腐るほどある。 笑

それが、民主党の狂信的信者である売国奴の「わんこ自身」が書いてる証拠っぽくて笑える。

人の学歴や経歴にそこまで偏執狂的に固執するのも「わんこ」っぽいね。他のページにもみんなから書かれてるしね。自分がそれだけ三流学歴しかない、学歴コンプレックスまみれの人間? 犬? なんだろうねw
Posted by 稲恭宏 at 2013年02月15日 03:44
みんな大変だ! 稲恭宏博士、こんな情報が出てきてしまったぞ!

http://kawagoe.tsuvasa.com/300.html




Posted by 通りすがり at 2013年02月28日 18:35
通りすがりの素人ですが福島も低線量被ばくも大丈夫だとおっしゃるなら稲先生ご自身が福島にお住みになって、福島の食材を食べまくれば宜しいかと、ペッテンコーファー博士は自身の身体を使って実験されました。
Posted by free man at 2013年06月23日 00:53
稲博士は、最初からそうされていますよ。動画や新聞記事などもあります。
Posted by 稲恭宏 at 2013年07月21日 15:49
ちょっと行ったりしてるだけですよ。住むのとは全然違います。
Posted by at 2013年07月30日 04:43
稲キチ先生に福一原発の後片付けを全て一人でしてもらおう。安全極まりない放射能がいくら降り注いでも奴にはへっちゃらなんだろ?糞バカ先生には糞バカ先生なりの墓場を用意してやろうw
Posted by at 2014年03月23日 02:34
この 誹謗中傷 妄想 個人フィクションブログ の 作者 わんこ 氏の
何の根拠も証拠も存在しなかった虚偽情報(デマゴーグ)

虚偽情報1:

当該情報が虚偽である根拠・証拠:

稲恭宏博士は「毎時マイクロシーベルトレベルの(放射線医学でいう)極低線量率放射線(Extremely Low Dose-Rate Radiation)、極低レベル放射能(Extremely Low Level Radioactivity)の環境は、内部被曝・外部被曝ともに、人体や動植物に全く悪影響を与えず、むしろ、生体諸機能を活性化・正常化させる」と一貫して国内外のテレビ番組出演時の解説や講演等で科学的に解説しているのであって、わんこ氏がブログ記事内で記述・公開しているような「放射線(放射能)は,むしろ体にいい!」などとは一度も発言していない。

証拠資料1(稲恭宏博士 公式サイト):
http://yasuhiro-ina-dmsc.jp

証拠資料2(稲恭宏博士 公式フェイスブックサイト):
https://www.facebook.com/pages/%E7%A8%B2-%E6%81%AD%E5%AE%8F%E5%8D%9A%E5%A3%AB-Dr-Yasuhiro-INA-DMSc%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E5%8C%BB%E5%AD%A6%E5%8D%9A%E5%A3%AB%E3%81%A7%E4%BD%8E%E7%B7%9A%E9%87%8F%E7%8E%87%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A-%E5%8C%BB%E7%A7%91%E5%AD%A6%E7%99%82%E6%B3%95-%E7%99%BA%E8%A6%8B%E7%A2%BA%E7%AB%8B%E8%80%85/151926431531036

証拠資料3(稲恭宏博士 公式映像サイト):
https://www.youtube.com/user/TheWorldTV21

更に、わんこ氏は、放射線医学(特に低線量率放射線医科学)の学歴及び研究実績等が存在せず、全く当該分野の専門家ではなく、線量(Dose)と線量率(Dose-Rate)の区別すら全くついていない。

更に、わんこ氏は、全宇宙及び地球上の人間を含む全ての動植物には、
その体内全体に多種類の放射性物質が元々含有されているという科学事実、そして、体重60kgの人間では約7,000ベクレル(Bq)の放射能を帯びており、母親の胎内の胎児から超高齢者まで、体格・体重に比例してこれらの放射性物質が体内に含有されており、遺体や火葬後の遺骨、遺灰にもこの放射能は同レベル存在している、という高校生レベルの最も基本的な科学事実すら、全く知らない。

証拠資料4(文部科学省 高等学校生徒用 知っておきたい放射線のこと) http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/attach/1314239.htm


虚偽情報2:

当該情報が虚偽である根拠・証拠:

稲恭宏博士の学歴や経歴などに関する誹謗中傷、名誉毀損等の虚偽情報について

≪稲博士の出身大学・学部が、早稲田大学の二部(夜間部)・人文学部、または、
第二文学部(夜間学部)、人間科学部などであるという虚偽情報、
東京大学(医学部)を卒業していないという虚偽情報について≫

当該情報が虚偽である根拠・証拠1:

早稲田大学には、開学以来、一度も、一部(昼間部)にも二部(夜間部)にも、人文学部という学部は、存在すらしたことがない。

証拠資料(早稲田大学 公式サイト)

早稲田大学 学部・大学院 一覧:
http://www.waseda.jp/jp/global/faculty/index.html

早稲田大学 開学以来現在までの歴史と
設立・廃止した学部、大学院、関連施設など:
http://www.waseda.jp/jp/global/guide/history.html

当該情報が虚偽である根拠・証拠2:

稲 恭宏博士は、東京大学に入学して同大学医学部を卒業した後、同大学院医学系研究科医学博士課程病因・病理学(免疫学)専攻を修了し、医学(病因・病理学/免疫学)の博士号を東京大学より授与されている医学者である。

東京大学 公式サイト1:
http://gazo.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gakui/cgi-bin/gazo.cgi?no=115592

「東京大学 課程博士」=東京大学の大学院博士課程に在籍し、各関連分野の講義・実験実習等の必要単位をすべて修得すると同時に、日本国内外において未報告の学術研究を完成させ、博士学位論文審査に合格して同大学院博士課程を修了し、東京大学より博士学位を授与された者という意味。

東京大学 公式サイト2:
http://gazo.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gakui/data/h12data-RR/115592/115592a.pdf

「進学 医学博士課程」=東京大学医学部を卒業した後、同大学院医学系研究科医学博士課程に進んだ者という意味。他大学出身者、ならびに、東京大学の他学部出身者、及び、東京大学の他の大学院各研究科(修士課程及び博士課程)出身者で同大学院医学系研究科医学博士課程に入学した者の場合は「入学 医学博士課程」という表記。

稲博士は、東京大学医学部卒業後に同大学大学院に進学され、在学中から「エイズ、がん、リンパ腫、白血病の遺伝子治療、免疫学的治療法の研究」のほか、イギリス(オックスフォード大学)、フランス(ルイ・パスツール大学)などとの国際共同研究で低線量・低線量率放射線に関する研究も開始。

稲博士は、大学院を修了して医学博士(博士(医学))となってからも、医学者として低線量率放射線に関する研究を続け、臨床各科の臨床医たちとも共同で研究等を行いながら、最新の医科学的知見について発言。
この稲博士の科学的発言は当然何の法的問題もなく、むしろ、その発言については、低線量・低線量率放射線医科学に関する学術研究の専門家としての期待が寄せられている。

また、厚生労働省の医師等資格確認検索システム:
http://licenseif.mhlw.go.jp/search/

は、「厚生労働省に現在登録されている医師及び歯科医師(以下「医師等」という。)のうち、医師法(歯科医師法)に規定する2年に1度の届出を行っている医師等について、漢字等の氏名を入力することにより検索を可能とするもの」であり、臨床医ではなく研究に専念している研究医の場合は、その検索結果には「条件に該当する医師等は検索できません」と表示される。

分かり易い例を挙げれば、平成24年(2012年)にノーベル生理学医学賞を受賞した京都大学の山中伸弥博士も、神戸大学医学部を卒業した医師免許取得者で元整形外科医であるが、この検索結果には、同様に「条件に該当する医師等は検索できません」と表示される。

Posted by 稲恭宏 at 2014年06月02日 22:02
≪ YouTube コメント より ≫

福島原発事故の影響による甲状腺がんなどは、事故から5年以上が経過しないと、がん組織が測定できる大きさまで成長しない、などと書き込んでいる人がいますが、これも 国連科学委員会 などの 放射線医学、分子病理学、免疫学などの世界的な多くの専門家たちによる公式な科学結論 ( 「 福島、東北、日本では、今後も、胎児、乳幼児、小児 から 高齢者 まで、2011年の福島原発事故の 放射線、放射能、放射性物質 の影響による 甲状腺がん、他の全がん、リンパ腫、白血病、心臓疾患、肝臓や腎臓などの他臓器・組織の障害などの 健康被害 は何も生じない 」 ) を無視した、低線量率放射線医科学 の 素人 による 完全なる 非科学 放射能 恐怖デマ です。

そして、医学事実として、同じ人口当りの発生率として比較しても、福島県よりも甲状腺がんなどの発生率が多い地域がたくさんあります。

科学的に、そして現実には存在しない放射能恐怖で、すでに震災と津波による死者の 約 1500 人 を上回る 1700 人 近くもの福島県民の方々が、せっかく助かった命を、不要な非科学避難や自殺などによって奪われています。

当時の 民主党・国民新党 連立政権 の 【 小宮山 ( 本姓 : 加藤 ) 洋子 元 厚生労働大臣 】 が、専門家の助言を無視して独断で決めてしまった我が国の 非科学 放射能基準値 は、世界一 非科学的 で 馬鹿げた 規制値 です。

我が国 の 飲料水 の 同値 は 10、 アメリカ は 1200、 EU は 1000 です。 福島の 『 汚染水 』 レベルの水は欧米では飲食用水なのです。これも 『 情報戦 』 です。

稲 恭宏博士が、インターネットテレビの超人大陸で講義してくださっていますが、福島原発事故の後、2011年の秋にフランスでは核燃料の再処理工場で実際に核爆発があり、1人死亡 ( 約 1500 度 の 熱 による 炭化遺体 )、4人が重傷 を負いましたが、フランス政府は、即日、世界に向けて 『 安全宣言 』 を出しています。

そのために、フランス産の農水産物などに対する風評被害はほとんど生じませんでした。 日本とは正反対の見事な対応です。

典型的な 反日活動家 の 【 児玉 龍彦 】 や 【 小出 裕章 ( 京大 原子炉実験所 助教 ( = 助手 ) 】 なる 売国奴 が 科学的には全く必要のなかった 【 除染ビジネス利権 】 の泥沼を生じさせた 犯人 だそうですが、 この人と 思想 を同じにする 政治活動家、 市民運動家 の人たちは、この全員が、最も学ばなければならない 【 放射線医学 ( 低線量率放射線医科学 ) 】 の 『 科学事実 』 を勉強する必要があります。

人体は、普通に呼吸をして食事をして生きているだけで、毎日 24時間 で、全身の ( 現代医学における推定値 ) 約 60 兆個の細胞全てで、600 京 箇所 以上の遺伝子の傷が生じ、自然に修復されています。

外部被曝 も 内部被曝 も、毎時 100 マイクロシーベルト 以下 では、遺伝子の傷も一つも生じません。 活性酸素 が少し増えるだけです。

活性酸素 は、運動をしても呼吸や飲食をしても体内で常時、一生、発生し続けており、活性酸素 は、体外からの細菌やウイルス、寄生虫などを退治するために、免疫系の細胞の一種である マクロファージ や 好中球 などが盛んに利用しています。

遺伝子に傷一つ生じないものが、何年何十年待っても、何世代待っても、がん、白血病、リンパ腫などの腫瘍性疾患、その他の各疾患など、何の健康被害も生じるはずがないのです。

したがって、福島は、原発の建屋内とその周辺以外は、科学的に何の問題もないのです。

だから、世界中の放射線医学、分子病理学、免疫学などの専門家の博士らからなる国連原子放射線影響科学委員会(UNSCEAR)も国際放射線防護委員会(ICRP)も、四半世紀以上にも及ぶチェルノブイリ周辺の多くの国際学術調査の結果から、「 福島、東北、日本では、今後も、胎児、乳幼児、小児 から 高齢者 まで、2011年の福島原発事故の 放射線、放射能、放射性物質 の影響による 甲状腺がん、他の全がん、リンパ腫、白血病、心臓疾患、肝臓や腎臓などの他臓器・組織の障害などの 健康被害 は何も生じない 」 と科学結論を出し、国連総会でこの公式報告書が正式に承認議決されているのです 【 http://www.nikkei.com/news/print-article/?R_FLG=0&bf=0&ng=DGXZZO50651160W3A110C1000000&uah=DF150220104322 】。

これは有名な事実として多くの方々が知っていることです。

このことは医学的にごく当たり前なことで、毎時 マイクロ シーベルト、毎年 ミリ シーベルト レベル の 環境 が 本当にそんなに危険なら、人間 は、一生、絶対に 病院 や 医療機関 は受診できないし、この人たちの 遺体、 遺骨、 遺灰 も、危険で誰も扱えない、ということになります。

稲 恭宏博士をはじめとする放射線医学 ( 特に 低線量率放射線医科学 ) の専門家の科学者の方々が解説をしてくださっているように、福島レベルの 毎時 マイクロ シーベルト レベル の 極 低線量率放射線、極 低レベル放射能 の 環境 では、 【 放射線 の 積分値 ( 積算、累積 ) である 『 線量 ( Dose ) 』 】 にはほとんど意味がありません。 微分値 である 【 放射線 の 『 線量率 ( Dose-Rate ) 』 ( 毎時 〜〜 マイクロシーベルト など ) 】 で考えなくてはなりません。

いまだに福島が危険だと怖がっている人たちが信じている 非科学 放射能恐怖デマ は、 【 核武装国 が 自国 の 優位性 を保持するために 政治利用 し続けている非科学放射能恐怖思想 】 である 【 1920年代の、ショウジョウバエの遺伝子修復能を失った成熟精子細胞に、福島より 約 1 億倍 強い 高線量率 の 『 人工的に発生させた エックス線 』 を 照射 した 実験結果 からの 『 放射線の生体影響に関する LNT ( 直線閾値無し ) 仮説 』 】 なのです。

現在では、放射線医学の知識が少しでもある人なら、この事がどれほど科学的にナンセンスであるかをよく知っています。

福島、東北、日本が、これ以上、非科学的な 放射能恐怖デマ によって、自殺者 増加、復興遅延、風評被害 拡大 などがされることなく、一日も早く復活することを祈ります。

Posted by 稲恭宏 at 2014年06月02日 22:06
> わんこ(ブログ本文)
1.「 The New England Journal of Medicine,
The British Medical Journal 」
2.稲恭宏博士のことを以前から正当に評価して応援している東大医科学研究所の所長や東大医学部、東大大学院医学系研究科の教授の先生たちの情報を提供してくれた方のコメントをすべて削除。

1.の英文雑誌2誌とも、わんこというブログ主(記述者)は、「誌名」や「スペル」を間違えて長期間公開していましたが、閲覧者から指摘されて、即訂正。しかし、その教えてくれた方の名前もコメントも即削除しています。

わんこという人は、このことからも、まったくブログのルールや社会常識を知らない人であることが分かります。

上記2点だけを見ても、わんこさんは、自分が不利になるような情報はすべて削除して、頭の中からも消し去ろうとする人のようです。そういうわんこさんの卑劣で卑怯な異常人格がハッキリと理解できる事実です。

こちらのフィクションだというわんこブログを見ても、科学情報についても、自分に都合の悪いことには耳をふさぐ、聴く耳を持たない、そういう人なのでしょう。


> わんこ(ブログ本文)
「なぜヒトのことを全く研究したことない稲恭宏博士が、
ヒトについて、あたかも何か分かっているかのようにいうのか?」

稲博士は低線量率放射線療法でヒトでの臨床研究も治療もされています。複数の英文論文、国際学会発表、新聞(日本、アメリカ、イギリスなど)、テレビ報道(同じく、日本、アメリカ、イギリスなど)、雑誌、書籍などもあります。

だから、稲博士は福島原発事故の直後からあれほど様々なバッシングを受けながら、一貫して一切ブレずに科学事実を貫けているのだと思います。

「わんこ」という反原発・反日思想で凝り固まった頭のおかしい人物が、文字通り、何も聞く耳を持たず、事実確認もせず、フィクションの空想と妄想で妄言を吐いていただけでした。

> gomaさん(コメント)
「ご指摘のようにマウス以外にデータを持っていないので、今度は人間のデータが欲しいのではありませんか?」

これも同上で、全く事実無根の誹謗中傷に過ぎませんでした。


> KOさん(コメント)
「”顧問弁護士”とやらに「事実の摘示」と「意見ないし論評」との相違について伺ってみることをお勧めします。」

このKO(慶応卒って言いたかった?)さんがどういう人か知りませんが、このコメントは間違えています。

このわんこのフィクション(空想)ブログは、そもそも「事実の摘示」にもなっていませんし、まともな(正式な国際学会が認めた専門家の学術知見や科学的事実に基く)「意見ないし論評」でもありません。

このブログは、単なる何の根拠も証拠も存在しない、反原発、反日の頭に偏った「わんこ」という人物の憎しみに満ちた、稲恭宏博士に対する単に感情的な誹謗中傷ブログです。誰の目にも明らかです。

したがって、情報の根本からすべてが嘘なのですから、相談相手が、弁護士であろうが、裁判官であろうが、法律の研究が専門の学者であろうが、“「事実の摘示」と「意見ないし論評」との相違について”訊いたところで、何の意味もありません。


> 医学博士(甲種)さん(コメント)
「ガンマ線は、X線により身体が透視出来るように、多くは透過してしまい、吸収され組織に影響することは意外に少ない。」

この自称・医学博士(甲種)という人は、「多くは透過してしまい、吸収され組織に影響することは意外に少ない」と書き込んでいますが、「多くは透過してしまい、吸収されてしまう」なら、『その透過した組織や臓器にはすべて影響を及ぼす』というのが、放射線・放射線医学の基礎知識であり、自称・医学博士(甲種)なる人物の「組織に影響することは意外に少ない」は完全に間違いです。非常に悪質で不勉強な非科学デマです。

医学博士(甲種)などと偉そうに自慢していますが、多分、この肩書きも詐称でしょう。もし本当にこの人が医師で医学博士(甲種)なるもので、それでこんな、今時中学生でも知っているような基本中の基本の放射線の知識もないのなら、直ちに医師免許を返上して、大学医学部の1年生からやり直すべきでしょう。

いや、平成24年(2012年)から、稲恭宏博士が特別教育講演をされている『NPO法人 放射線教育フォーラム(元 東大総長・元 文部大臣の有馬朗人先生が初代会長、現 名誉会長)』が主導して全国の中学校・高校で30年ぶりに再開された放射線の基礎教育から受けて、徹底的に腐りきった間違えた頭を洗い直すべきでしょう。

稲 恭宏博士 低線量率放射線医科学
http://www.youtube.com/playlist?list=PL55DD503C7D063624

稲 恭宏博士 公式フェイスブック(学術誌『放射線教育』に掲載された放射線教育フォーラム理事長の稲恭宏博士の研究業績に対する称賛紹介文と稲博士の論文など)

http://www.facebook.com/pages/%E7%A8%B2-%E6%81%AD%E5%AE%8F%E5%8D%9A%E5%A3%AB-Dr-Yasuhiro-INA-DMSc%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E5%8C%BB%E5%AD%A6%E5%8D%9A%E5%A3%AB%E3%81%A7%E4%BD%8E%E7%B7%9A%E9%87%8F%E7%8E%87%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A-%E5%8C%BB%E7%A7%91%E5%AD%A6%E7%99%82%E6%B3%95-%E7%99%BA%E8%A6%8B%E7%A2%BA%E7%AB%8B%E8%80%85/151926431531036


> わんこ(コメント)
「>東京MXテレビ
内容を確認しました。稲博士は、3月の頃に比べ、かなりトーンダウンしてますね。3月は「放射線は健康にいい!」といっていましたが、10月のテレビでは「放射線に起因する各種疾患は起こらないと思います」という表現に変わりました。細かいところを指摘すると、稲博士のおかしな主張・事実誤認など多々ありますが、影響が少なそうなので、ここでは触れないでおきたいと思います。」

これもわんこなる人物の感情的科学事実拒否と妄想から来ているデマです。全く稲博士はトーンダウンなどしていませんし、原発事故直後から、一切ブレていません。下記の映像でも確認できます。

http://www.youtube.com/user/TheWorldTV21

わんこという人が、いかにプライドが高い、放射線医学(特に低線量率放射線医科学)のド素人であるかがよく分かる捨て台詞です。

わんこさんは、低線量率放射線医科学の学術的な観点からは、稲博士に対して、何ら一切反論できる頭がないのです。あくまで非科学的、思想的、感情的に稲博士を忌み嫌い、侮辱したいだけなのが見え見えです。

この通名「わんこ」という人は、反日の代表格のような民主党・国民新党の狂信的かつ熱狂的な支持者であることなどからも、おそらく純粋な日本人ではないでしょうし、幼少時代からまともな躾や人格教育を受けたこともなく、近年問題が肥大化している「製薬会社」か「健康食品会社」関連の仕事を解雇され、日々、暇に任せて他人の誹謗中傷を行っている人なのでしょう。このブログの他の記事からもそのことが分かります。


> わんこ(コメント)
「興味深いことに、あなたのいう「稲恭宏博士を完全に支持している」国連科学委員会(UNSCEAR)が作成した資料(http://www.unscear.org/docs/reports/2008/11-80076_Report_2008_Annex_D.pdf)を見ると、チェルノブイリの事故があった1986年以降、2006年まで、小児の甲状腺がんの罹患者・死亡者が増加しているだけでなく、大人の全がんの罹患者が増加していることが示されています。
チェルノブイリの事故から26年目になりますが、放射線による長期的な影響のデータがでてくるのは、これからになると思われます。」

科学報告書も刻々と進化しています。わんこという人物がこれ見よがしに示していた上記の資料も、古い間違えた情報であることが判明し、国連科学委員会(UNSCEAR)自身が、チェルノブイリ原発事故から26年以上の多くの国際学術調査結果から、「福島、東北、日本では、今後も、胎児、乳幼児、小児から高齢者まで、2011年の福島原発事故の放射線、放射能、放射性物質の影響による甲状腺がん、他の全がん、リンパ腫、白血病、心臓疾患、肝臓や腎臓などの他臓器・組織の障害などの健康被害は何も生じない」と科学結論を出し、「福島放射線問題なし」の公式学術報告書を正式に公表し、国連総会の場で承認、議決され、国連決議となっています。

http://www.nikkei.com/news/print-article/?R_FLG=0&bf=0&ng=DGXZZO50651160W3A110C1000000&uah=DF150220104322

Posted by 稲恭宏 at 2014年06月05日 23:17
久しぶりにページを見たので、コメントします。


稲博士本人が書き込んでいるのかどうかはわかりませんが、書き込み等を見て感じるところとしては、稲博士を擁護するのに必死な人がいるんでしょうね。


学歴の話しって、稲博士がご自身のWEBページで、高校、学部、修士、博士の入学、修了年限を西暦でそれぞれ記述すればよいでしょうし、

医師確認にしても、厚労省の医師検索DBにない以上、ご本人が医師であると主張するなら、医師免許取得時の大学名、卒業年限、医籍番号、取得時の大臣名を書けば済む話だと思います。

今もそうなのですが、WEBページには2004年に1本、2005年に3本の業績しかでていないんですが、世界的な研究者の業績が4本しかないのでしょうか?2005年からもう10年になりますが、1本も業績がないんでしょうか?

稲博士はマウスを対象にした業績しかないと指摘しましたが、公表されている論文では未だにヒトを対象とした論文は確認できていません。

ヒトを対象としたことがあるというなら、その業績をWEBにアップロードすればよいのではないでしょうか?

放射線の健康障害について、国連の資料を出して「放射線は健康に影響はない」といっている方がいますが、これまで何度も指摘してますが「がん死亡」をアウトカムにすることは間違えています。

放射線と健康の関係は、がん死亡も含め、全ての死亡で見なければなりません。しかも長期にわたるフォローアップが必要です。


最後に、名誉棄損の話しですが、このブログはそもそもフィクションです。誰も稲博士が実在するなどと思ってませんし、仮に似たような経歴をもつ人がいたとしても、


世界的な研究者で「人類最大級の歴史的大偉業」と評価されるような稲博士が、こんな便所の落書きのようなページを相手にするとは思えません。


Posted by わんこ at 2014年08月02日 18:58
「わんこ」というここのブログ主、

厚生労働省の医師等資格確認検索システム:

http://licenseif.mhlw.go.jp/search/ 

は「厚生労働省に現在登録されている
医師及び歯科医師(以下「医師等」という。)
のうち、医師法(歯科医師法)に規定する
『2年に1度の届出』を行っている医師等について、
漢字等の氏名を入力することにより
検索を可能とするもの」であり、
臨床医ではなく研究に専念している
研究医の場合は、この検索結果には、

「条件に該当する医師等は検索できません」

と表示される。

例えば、分かりやすいのは、
平成24年(2012年)にノーベル生理学医学賞
を受賞した京都大学の山中伸弥博士も、
この検索結果には同様に、
「条件に該当する医師等は検索できません」
と表示される。

の意味も理解できないようです。

稲博士や山中博士のように研究に
専念されている先生は、どの先生も、
医師免許を持っていても、
検索結果には表示されません。

この事からも、わんこ氏が、如何に医学分野、
医療分野において教養のない素人であるかが明白です。

これほど≪医師(医者)≫などというものを
有難がっているところを見ると、
わんこ氏は、相当、医師(医者)に対する
コンプレックス(医学部などの高学歴に対するコンプレックス)
があるようです。

わんこ氏が、もし、
「俺は●●大学の薬学部を卒業している」、
「●●大学の大学院の修士課程を修了している」
(おそらく、わんこ氏のレベルでは、
間違っても博士課程は修了していないでしょう。
したがって、当然、博士号は取得していない。
最近、日本人のチンピラ悪徳業者などの馬鹿が買っている、
アメリカあたりの詐欺大学で50万円くらいから
売っている博士号なら別ですが)
というなら、
他人にばかり無礼千万なしつこい要求を繰り返していないで、
自分の大学(学部)の卒業証書(学士の学位記)でも、
大学院修士課程の修了証書(修士の学位記)でも、
ブログにでも貼って公開すればいいと思います。

わんこという人は、まともな社会人にはなれず、
会社などを解雇され、一人で自宅に引き籠り、
胡散臭い健康食品や違法な危険ドラッグ(旧:脱法ハーブ)
などを売っている、高校中退か何かの自称健康問題専門家の
偉ぶり中年男に違いありません。

わんこ氏は、頻繁に、「統計、生物統計、疫学」だの
「アウトカム」だの「コホート研究、ケース・コントロール研究」だの「フォローアップ」だのと専門家を装っていますが、
こんな程度の単語や知識は、看護師ですらもっと豊富で正確な医学知識をもっています。

わんこ氏は、まず、
毎時マイクロシーベルトレベルの、放射線医学でいう
『極低線量率放射線』、『極低レベル放射能』の環境で、
何かしらの健康被害などがいずれ生じると思っている点を見ても、
如何に放射線医学や臨床医学の基礎知識すらない
偏屈な自己顕示欲プライド阿呆であるかがよく分かります。

疫学的にも統計学的にも、そのファクター(因子)が
何らかの疾患の発症や健康被害に寄与している場合には、
学術的な差が明確に示されます。

福島県民だけでも約200万人という母集団をとって
詳細に医学的に観察をしてもそれが認められない、
検出できない、ということは、
それらのファクターは何の関係もない、という意味なのです。

福島とチェルノブイリは、科学的に全く異なるのです。

わんこ氏のような非科学的な【にわかエセ学者気取りの輩】が、
現実には存在しない福島、東北、日本の放射線、放射能、
放射性物質の非科学恐怖デマを吹聴し続けることこそが、
『風評被害』と『福島県民などに対する非科学的な差別』
を増大させており、【復興遅延の元凶、反日・日本弱体化の
現行犯】なのです。

低線量率放射線療法、低線量率放射線効果による
人間の患者さんの様々な疾患に対する回復効果などは、
稲恭宏博士の公式サイトや多くのWebサイトでも
確認できます。NHKのがんサポートキャンペーンの
公式サイトなどにも、稲博士の名前や具体的な症例報告が
掲載されていました。

わんこ氏がこれほど、「フィクション」という
名ばかりの卑怯な手を使い、すでに3年半以上もの長期間、
稲恭宏博士という珍しい氏名と漢字の実在の個人に対して、
講演やテレビ放送の事実などまで記載し、
事細かに具体的に、執拗に誹謗中傷、名誉毀損を続けるなら、
わんこ氏自身についても、
全ての個人情報と関連情報を公開すべきです。

それが人の道というものです。
しかし、わんこ氏はそれほど、性根が腐りきった
狭小な人間なのかもしれません。

わんこ氏は、日本語を使っていますが、
日本国籍の人ではないでしょう。

もし日本人なら、恥を知っていますし、
自分が撒き散らしている嘘、デマ、捏造の
日本弱体化情報によって、どれだけの福島県民が、
自殺、差別、離婚、不要な人工中絶などに
追い込まれているか、を考え、自ら最後くらいは
身の始末をきちんとつけることができるからです。

わんこ氏には、恥も外聞も良心の呵責もありませんから、
自らがそう呼ぶこの『便所の落書きブログ』を、
今後も長年このまま放置し、
死ぬまでしらを切り続けるでしょう。

わんこ氏が、もし(絶対にあり得ませんが)医者だとしたら、
医籍番号、医師免許取得時の所属と肩書・年齢は?
研修医時代はどこの病院で過ごしましたか?

わんこ氏の卒業大学名(総合大学の医学部なのか? それとも
医学部だけの単科大学なのか?)、
卒業年度(わんこ氏は、こんな単語すら「卒業年限」と誤記)は?

そして、わんこ氏がもし持っているなら、
学位記に記載されている博士号の登録番号は何番ですか?
どこの大学の何という研究科長の氏名、そして、
何という学長名が記載されていますか? 何博士ですか?
わんこ氏は、修士号くらいは持っているのですか?
わんこ氏は、大学は何学部を卒業しているのですか?

それとも、わんこ氏は、医者でも薬剤師でもない、
大学院の博士課程すら修了していない、
博士号すら取得していない、頭も心も捻くれきった、
市中に埋もれた只の一般人ですか?

わんこ氏こそ、他人である実在の個人を卑劣な
「フィクション」なる逃げを使って誹謗中傷し続けるなら、
わんこ氏自身の実名(本名)、職業、住所、電話番号、
Mail Address等の連絡先、顔写真、わんこ氏自身が
卒園・卒業・修了した『保育所、幼稚園、小学校、中学校、
高校、大学、大学院(修士課程、博士課程)』、
勤務していた会社・組織、そして現在も所属先があるなら、
その所属組織名・肩書きなどを、
アップロードして公開すべきです。

世界の専門家が皆、稲博士と同様、
平成23年(2011年)3月の福島原発事故の
健康影響については、福島県民も日本国民も何の問題もない、
と科学的に結論を出しているのです。

わんこ氏は、いまだに、福島の問題を、

「がん死亡をアウトカムとすることは間違えています」、

「しかも長期にわたるフォローアップが必要です」

などと専門家気取りで偉そうに言っていますが、
そんな指摘は全く見当違いで、わんこ氏こそが、
まさに【完全なる非科学的事実誤認馬鹿】なのです。

結局、わんこ氏が、あまりにも最近の放射線医学の発展
≪放射線(放射能、放射性物質)による人体・生体影響は、
その種類と【線量率(放射線の強さ)】、放射性物質の半減期
に大きく依存することなど、すでに他の方が
(ブログ主で管理人であるわんこ氏が削除しなければ)
上記にコメント済みの科学事実≫
を知らな過ぎる文系の前近代的な思考回路で、
思想的に反核反原発、反日に偏った
頭と行動であるということなのです。

更に、わんこ氏は、他のページを見ても、
自分が気に入らなかった出来事・事象については、
徹底的に長期間、相手にダメージを与えるべく、
陰湿で執拗な非難・誹謗中傷をしないと気が済まないが、
生来非常に気が弱く、自分自身を正々堂々と
人前に出せる勇気も度胸もない
(電話一つ掛ける時もいつも番号非通知発信)、
「フィクション」、「実在の人物とは関係ない」などと
一言書けば済むくらいにしか思っていない、
法律のことも一般社会常識も何も知らない
小学生レベルの未婚またはすでに離婚した
中年馬鹿デブ男に違いありません。

長年、「わんこ」なる低俗な偽名を使っている
わんこ氏は、かなり精神状態に異常をきたしている、
精神科もしくは心療内科において長期間の加療を要する、
あまりにも人格が破綻した人なのです。

世界の専門家は、わんこ氏のような素人よりも、
遥かに多くの医学指標、科学指標を、
『建屋の水素水蒸気圧上昇による破壊と、
圧力容器内で炉心溶融を起こしたに過ぎない福島原発事故』
よりも遥かに深刻だったチェルノブイリ原発事故について、
四半世紀以上の長期間、十分な確認の上で、稲博士と同様、
学者生命を懸けた責任ある記名科学結論

「福島、東北、日本では、今後も、福島原発事故による
健康被害は生じず、むしろ、非科学的な恐怖デマによる
外出不足、運動不足、栄養不足の方が、
『発がんリスク』などの実際の健康被害を増加させる」

などの警告を出し、国連科学委員会【国連原子放射線
影響科学委員会(UNSCEAR)】が正式な報告書としてまとめ、
国連総会も公式に認め、国連決議となっているのです。

日本政府ですら、遅ればせながら、
新聞各紙に、同様の全面政府広報を出しています。

わんこ氏が、新聞すら一紙たりとも目を通すことのない
【独りよがりの自己満足の偽善者】であることが、
この事実からも明確に判明しています。

わんこ氏が、ここまで言っても、まだ
「フィクション」などという浅はかな文言のもとに、
福島県民への非科学的な差別と日本の放射能風評被害を助長し、
稲恭宏博士たちのような日本の復興のために尽力されている
方々に対して、全人格を否定するような誹謗中傷、名誉毀損を
行い続けるとしたら、わんこ氏なるブログ主
(本ブログの開設・執筆・公開者であり管理責任者)は、
本当にどうしようもない、人間性が極めて低い、
くだらない腐りきったプライドだけの
実に悪質な犯罪者「わんこ」であることは、
刑事事件、告訴訴訟、民事裁判になっても、
警察、検察、司法をはじめとする誰の目にも明らかでしょう。
Posted by 稲恭宏 at 2014年10月09日 17:48
偽名「わんこ」なる人物の当ブログ及び
稲恭宏博士に対する大半の非科学侮辱コメントが
名誉毀損罪(刑事事件、刑事罰)に相当する事実:

わんこは、すでに書かれている
【東京高裁の名誉毀損事件判例(有罪確定)】
の意味も理解できない。

≪「石に泳ぐ魚」事件判決で述べられているように、フィクションとされる記載内容が名誉を毀損された当人の属性が示されており、当該記事を見た知人あるいは当人の属性のいくつかを知る人物が当人であると固定することが可能であれば、当人に対する名誉毀損罪が成立する。≫

つまり、わんこの場合も、どんなにフィクションだのなんだのと卑劣な屁理屈を何度捏ねても、有罪になる可能性が非常に高いということ。

わんこのような偏執狂的犯罪者は、これだけ言ってもまだ理解できず(理解したがらず)、何年でも何十年でも、このわんこ自身も認めている【便所の落書きクソブログ】の公開を世界に向けて行い続け、屁理屈を捏ね続けるでしょう。

そしてわんこは、天皇皇后両陛下が全国の靖国神社、護国神社で唯一公式に御親拝されている栃木県護国神社(両陛下の御親拝時の御写真が本殿正面左右上方に掲げられている)の創建時からの宮司家であり、日本神社界を代表する名門である稲家御一族(天皇陛下の実姉の池田厚子様が総裁を務められている神社本庁の専任官トップも稲家の方)の稲恭宏博士に対して、今後も浅はかで卑怯な楽天主義のもと、誹謗中傷、侮辱、名誉毀損の犯罪を続けるでしょう。

稲博士ら救国の士に対するわんこと同様の誹謗中傷事件、名誉毀損事件については、刑事事件及び民事訴訟において相当数、有罪、損害賠償等が確定しているようですから、わんこ本人は、「自分だけは運よく逃げきれた」と、いまだに屁理屈を捏ねながら威張り腐って、安心しきっているようですが、長期間泳がされているわんこは、特に悪質な犯罪者と見なされ、誹謗中傷・名誉毀損ブログ公開の長期化が進み、罪が一層重くなり、量刑、損害賠償額等が増加するのを、関係各位の皆さんは、常時、物証記録等を取りながら、冷静沈着に待たれているのでしょう。

現在、インターネット関連事件は、弁護士がプロバイダーを介して行う削除依頼、発信者情報開示請求などだけでなく、弁護士会請求という法制度も確立されていますから、わんこの本名(通名のみでなく戸籍上の実名も)、国籍、本籍地、現住所、犯罪歴、訴訟歴、電話番号等の個人情報も十分に掌握されていることでしょう。


Posted by 稲恭宏 at 2014年10月20日 18:19
稲恭宏氏本人でもないのに、稲恭宏博士は東大医学部を卒業しているとか断言している人がいるけど、その人も早稲田だという人と同じく稲さんにとても失礼だよな。本人が明言していないのだから早稲田というのも東大だというのもどっちが真実なのか、どっちも真実でないのかもしれないし不明ですね。本人がでてきて明らかにしないのだから、稲氏は出身大学学部卒業年度一切不明、それしか言い様がない。
Posted by at 2014年10月21日 02:27
稲恭宏博士が東京大学医学部卒業、東京大学大学院医学系研究科病因・病理学/免疫学専攻博士課程修了であることは、すでに上記に、東大の公式サイトでの説明がなされている通りではないでしょうか。稲博士の場合、いわゆる普通の臨床医、医者ではなく、医学の研究者である医学者ですから、あえて大学の学部(=大学院: Graduate School の前段階の Undergraduate School )については、いちいちすべては書かれていないだけだと思います。これくらいの学歴になると、大学院だけでえらい長い正式名称で、何行も取ってしまいます。特に稲博士は、東大本郷の医学部の後は、東大の医科学研究所(港区 白金台)の方で、大学院博士課程、客員研究員の後は、研究医たる医学者ですから。

いずれにせよ、とにかく、稲博士が当時の民主党・国民新党連立政権という売国政府に対して、必死に日本のために低線量率放射線医科学の専門家の立場から訴えてくださったおかげで、今の福島や東北、日本のデマの放射能恐怖や風評被害に立ち向かえているところが大きいと思います。

早く、福島や東北、北関東などの人たちの原発事故関連の自殺、東京電力の電気料便乗値上げ、給料減少、会社などの倒産がおさまるといいですね。
Posted by 稲恭宏 at 2014年10月30日 20:53
稲恭宏博士が東京大学医学部卒業、東京大学大学院医学系研究科病因・病理学/免疫学専攻博士課程修了であることは、すでに上記に、東大の公式サイトでの説明がなされている通りではないでしょうかって東大の公式サイトでそんな説明はなされていませんよ。
もし貴殿がそのサイトをご存知でしたらURLを教えてください。
本人が出身大学を公表していないのに勝手に東大なんていわれたら稲博士自身困惑しますよ。
本人が明言したくない以上東大卒なんて決めつけはいけません。
Posted by at 2014年11月16日 18:36
【直ぐ上の方、すでにこのページの上の方にも掲載されている下記の通りであると思います。】


稲恭宏博士の学歴や経歴などに関する誹謗中傷、名誉毀損等の虚偽情報について

≪稲博士の出身大学・学部が、早稲田大学の二部(夜間部)・人文学部、または、
第二文学部(夜間学部)、人間科学部などであるという虚偽情報、
東京大学(医学部)を卒業していないという虚偽情報について≫

当該情報が虚偽である根拠・証拠1:

早稲田大学には、開学以来、一度も、一部(昼間部)にも二部(夜間部)にも、人文学部という学部は、存在すらしたことがない。

証拠資料(早稲田大学 公式サイト)

早稲田大学 学部・大学院 一覧:
http://www.waseda.jp/jp/global/faculty/index.html

早稲田大学 開学以来現在までの歴史と
設立・廃止した学部、大学院、関連施設など:
http://www.waseda.jp/jp/global/guide/history.html

当該情報が虚偽である根拠・証拠2:

稲 恭宏博士は、東京大学に入学して同大学医学部を卒業した後、同大学院医学系研究科医学博士課程病因・病理学(免疫学)専攻を修了し、医学(病因・病理学/免疫学)の博士号を東京大学より授与されている医学者である。

東京大学 公式サイト1:
http://gazo.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gakui/cgi-bin/gazo.cgi?no=115592

「東京大学 課程博士」=東京大学の大学院博士課程に在籍し、各関連分野の講義・実験実習等の必要単位をすべて修得すると同時に、日本国内外において未報告の学術研究を完成させ、博士学位論文審査に合格して同大学院博士課程を修了し、東京大学より博士学位を授与された者という意味。

東京大学 公式サイト2:
http://gazo.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gakui/data/h12data-RR/115592/115592a.pdf

「進学 医学博士課程」=東京大学医学部を卒業した後、同大学院医学系研究科医学博士課程に進んだ者という意味。他大学出身者、ならびに、東京大学の他学部出身者、及び、東京大学の他の大学院各研究科(修士課程及び博士課程)出身者で同大学院医学系研究科医学博士課程に入学した者の場合は「入学 医学博士課程」という表記。

稲博士は、東京大学医学部卒業後に同大学大学院に進学され、在学中から「エイズ、がん、リンパ腫、白血病の遺伝子治療、免疫学的治療法の研究」のほか、イギリス(オックスフォード大学)、フランス(ルイ・パスツール大学)などとの国際共同研究で低線量・低線量率放射線に関する研究も開始。

稲博士は、大学院を修了して医学博士(博士(医学))となってからも、医学者として低線量率放射線に関する研究を続け、臨床各科の臨床医たちとも共同で研究等を行いながら、最新の医科学的知見について発言。
この稲博士の科学的発言は当然何の法的問題もなく、むしろ、その発言については、低線量・低線量率放射線医科学に関する学術研究の専門家としての期待が寄せられている。

また、厚生労働省の医師等資格確認検索システム:
http://licenseif.mhlw.go.jp/search/

は、「厚生労働省に現在登録されている医師及び歯科医師(以下「医師等」という。)のうち、医師法(歯科医師法)に規定する2年に1度の届出を行っている医師等について、漢字等の氏名を入力することにより検索を可能とするもの」であり、臨床医ではなく研究に専念している研究医の場合は、その検索結果には「条件に該当する医師等は検索できません」と表示される。

分かり易い例を挙げれば、平成24年(2012年)にノーベル生理学医学賞を受賞した京都大学の山中伸弥博士も、神戸大学医学部を卒業した医師免許取得者で元整形外科医であるが、この検索結果には、同様に「条件に該当する医師等は検索できません」と表示される。

Posted by 稲恭宏 at 2014年11月27日 19:03
まあ東大大学院医学系研究科医学博士課程に入るには医師でなければならないわけじゃないから、それだけで医師だとは考えられませんね。
「進学 医学博士課程」=東京大学医学部を卒業した後、同大学院医学系研究科医学博士課程に進んだ者というのは真実でしょうか?本当かどうか東大に問い合わせたらはっきりしますよね。
Posted by at 2014年12月12日 01:23
とにかく、この「わんこ」さん自身も認めている「便所の落書きの様な糞ブログ」レベルの何の証拠も根拠もない、放射線医学、低線量率放射線医科学の素人による稲恭宏博士に対する嘘、デマ、捏造の誹謗中傷は酷かったですね。

何を言われても、何も信じられない、何かしかの屁理屈をずっと捏ね続けている人がいますが、そういう自分は、一体、どこの大学、大学院を出て、今、何をしている人なのでしょうか。

放射線医学の研究経歴がある医学者、研究医の人なのでしょうか。

とにかく、非科学政治に翻弄されてきた福島や東北、そして日本が、早く復興できるといいですね。

Posted by 稲恭宏 at 2014年12月25日 22:57
放射線の人体に与える影響に関する論文が見当たらず、マウス関連のものしかない人を放射線医学の研究経歴がある医学者、研究医と見なすことの方がよほど非科学的だと思いますが。まっとうな批判に答えられないからと逃げる口実に誹謗中傷だなどと声高に叫んでも意味はありません。
Posted by at 2014年12月30日 03:49
上のコメントも、わんこさんかkutyaさんのようです。

これだけ侮辱的な内容を、何の根拠も証拠もなく、専門家でもない素人が、ただ感情に任せて長期間公開し、実在の個人に対して誹謗中傷を続けていることの犯罪性がまだ理解できないようです。

東京高裁の判例もすでに紹介されていますが、ここまで具体的な実在する人物に対する誹謗中傷は、いくらフィクション、妄想ブログといえども、明らかに、刑事事件における名誉毀損罪に相当し、民事訴訟における損害賠償の対象になるでしょう。

下記のようなコメントもすでにあります。

> kutyaさんは、「英語ができるので、英文論文を検索してみたのですが」などと自慢げに書き込んでいますが、英文の医学論文の検索にはかなりの専門的な知識が必要で、全然探せていないだけです。

大学院生や未熟な研究者などによくあることです。

稲博士の英文論文、和文論文、学会抄録(Proceeding)などは、通常のインターネットだけでは検索できないものも含めてたくさんありますし、放射線医学の専門家の先生なら大抵ご存知です。

なお、kutyaさんは「医学部を出たMDが」と書いていますが、これも正しくありません。MDは俗用で Medical Doctor という読み方(Doctor of Medicine という意味)ですが、日本の大学医学部または医科大学医学部を卒業した者の場合は、卒業証書に『学士(医学)』と印字されています。即ち、BM(Bachelor of Medicine)です。

欧米などでは、医学部以外の理系の大学学部(4年間)を卒業した者のみが医学部(6年間)を受験できるので、大学医学部・医科大学医学部を卒業するまでに合計10年間の大学教育が必要なのです。

医学教育の有識者からは、日本の医師のレベルが低いのは、大学における医学教育が6年間のみしか行われずに卒業できてしまうためだとも指摘されています。

なお、私も一通り稲博士の講演やテレビ講義などを拝見しましたが、稲博士は、このkutyaさんという人が書き込んでいるような「英文であることをこんなに強調して」などという事実もありませんでした。

わんこという人やkutyaさんのような人は、講演や講義の声が大きいといっては文句を言い、小さいといっては自信がないからだろうなどと悪口を言うだけの人なのでしょう。

あのような東日本大震災、未曾有の福島原発事故の直後に、ほとんど世界中を敵に回して、このような半狂乱の非科学的なバッシングを吹き飛ばすには、多少大きい声でハッキリと話すのは、致し方なかったことであると思いますし、かえって必要であったのではないかと思います。

さらに、医学分野の論文でも、臨床医の先生たちが書いておられる臨床医学分野(内科や外科など)や、社会医学分野(「わんこ」さんが自慢げに書いている公衆衛生学や疫学など)の和文や英文の簡単な論文(『症例報告論文』や『調査や統計関連の論文など』)に比べ、稲博士たちのような医学者の先生たちが一から世界で初めての研究を積み重ねられて発表される医学研究分野の英文論文は、その仕事量が非常に多く、学問的価値も遥かに高いのです。ノーベル生理学医学賞が与えられるのも、この医学研究分野の研究業績に対してです。この事実も、少しでも医学界の常識を知っている人なら、余程の思想的におかしな人を除いて、誰でも理解している有名な事実です。
Posted by 稲恭宏 at 2014年12月30日 22:54
最近何の話題もないけど、稲恭宏って何やってるの。もう世間から忘れられちゃったのかな。
Posted by at 2017年05月02日 22:49
稲恭宏さん、最近は元気がないですよね?

稲恭宏さんは投稿者として「稲恭宏」を名乗らず、この掲示板や他の掲示板に匿名または「大学教官」「医師」「有名大学教授」など多数の名前で投稿を続け、自分自身を自画自賛し、数々の誤った情報を発信し、議論から逃避してきました。

稲恭宏さんを賞賛するコメント、記事の訂正依頼があまりにも多いので専門会社に調査させたところ、全て稲恭宏さん本人が書き込みや発信をしていることが分かりました。

この掲示板では情報の訂正は行わないポリシーですが、稲恭宏さん本人が発信したことが確認された発言については、投稿者名をすべて「稲恭宏」本人の名前に書き換えています。

この書き換えで、投稿者名を書き換えられた稲恭宏さんからコメントをもらいましたが、本人の名誉のため、伏せておくことにします。内容はお察しの通りです。研究者であり、本人が投稿したと分かった以上、発言には責任を持ってもらいます。

稲恭宏さんには、早く元気になって活躍してもらいたいですね。
Posted by わんこ at 2017年07月29日 10:10
周縁的特徴で批判してばかり。論文の核心で批判しないと無意味。
Posted by at 2017年12月09日 17:10
論文の核心で批判しようにも論文といえるものが探しても全然見つからないという嘘のようなホント。論文が見つからないから周縁的特徴で批判されることになる。
Posted by at 2017年12月13日 23:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44234753

この記事へのトラックバック